レコーディングダイエットをご存知ですか?レコーディングダイエットは自分の摂取したカロリーを可視化して、長期継続的に痩せていくことができるダイエット方法です。最初のうちは書き出したり記録したりすることが面倒に感じても、慣れてくると簡単でお手軽だと感じられるんです。短期間で急激に体重を落とすダイエットではありませんが、少しずつ健康的に体重を落としていくことができます。今回は私が実際に試したダイエット法、レコーディングダイエットについてご紹介します。

レコーディングダイエットの方法とは?

GerDukes / Pixabay

レコーディングダイエットの方法は、とてもシンプルです。朝・昼・夕の3食はもちろん、間食・飲み物なども含めて、1日のうちに自分が食べたもの・飲んだもののカロリーを記録するだけです。

記録用のノートを1冊用意してアナログで記録する方法もありますし、最近ではダイエット用アプリでカロリーや体重が管理できるものなどもたくさんありますので、スマートフォンがあればデジタルで記録することもできます。1日の自分が摂取したカロリーが分かるように記録する、レコーディングダイエットの方法はたったそれだけです。

最初のうちは記録することを忘れてしまったり面倒に感じることもありますが、慣れてしまえば毎日簡単に、短時間でできる作業です。

レコーディングダイエットはメリットがいっぱい!

RitaE / Pixabay

まず、毎日の摂取カロリーを記録していくだけで1日あたり自分がどれだけのカロリーを摂っているのかが分かるようになります。普段自分が口にしているものが、どれくらいのカロリーか知っていますか?

例えば、カレーライスなら700~900kcal、オムライスなら700~1000kcalが平均です。それに対して、成人女性が1日で摂取するべきカロリーは、一般的に1800~2000kcalといわれています。カロリーを気にせずに食事を摂っていると、あっという間にカロリーオーバーとなってしまいます。

また、全く運動を行わない人が1日2000kcalを摂取した場合、消費カロリーが摂取カロリーを上回らないため、現状維持をすることはできても痩せることは難しいといえます。

レコーディングダイエットをすることで、自分が摂取しているカロリーを可視化することができ、普段摂っている食べ物のカロリーを知ることができます。痩せたいと考え、ダイエットをしている人はカロリーを知ることで摂取カロリーを抑えようと意識が働くようになります。

摂取カロリーを書き出すという手間をかけることで、意識的に摂取カロリーを減らせるようになります。また、カロリーを記録するのは3食だけでなく、間食や飲み物も含まれます。今まではたいして空腹を感じていなくても摂ってしまっていた間食にも、カロリーを記録するという手間が発生してしまうため、「食べるのをやめておこう」といった意識が働くこともあります。一手間加えることで、ダイエットに対してプラスに働く可能性も高まります。

レコーディングダイエットの効果は?

PublicDomainPictures / Pixabay

私はレコーディングダイエットを1年以上続けています。ハードワークであった接客業から、事務職に転職したこともあり全く体を動かす機会がなくなり、一時は5キロ以上も太ってしまいました。ですが、摂取カロリーを明確にするレコーディングダイエットを実践し、自分が1日に摂取していたカロリーを一度見直すと、当時の摂取カロリーは2000kcalをゆうに越えていました。

痩せることを心に決め、1日の摂取カロリーを1500kclに抑える努力をすることで約半年で元の体重に戻すことに成功しました。当時の目標は達成しましたが、現在もレコーディングダイエットを続けることで日々自分の摂取カロリーの管理をして、知らないうちにカロリー過多になり太ってしまうという事態を防げています。

まとめ

レコーディングダイエットは簡単に始めることができ、毎日短時間でできるダイエット方法です。お金もかからないため、誰でも思い立ったら始めることができます。短期間で急激に体重を落とすことは難しいですが、長期継続的に少しずつ健康的に体重を落としていくことができます。自分の普段の食事の摂取カロリーを知らない方、忙しくてダイエットに時間を中々取れない方にオススメのダイエット方法です。