ダイエットをサポートする日常のちょっとした行動をご紹介。

1. 食べる前に、お水いっぱい飲む。

 よく聞くのは、食事の15分前以内に冷たい水を飲むとダイエットに効果があるという話です。実は、このダイエット法には科学的な根拠があります。

お水を飲むことによって、お腹がいっぱいになるだけではなく、冷たい水で冷えた体を温めようと体が働きかけ、カロリーを消費してくれます。

 

2. 食事前に歯磨きをする。

 歯磨きをすることによって、脳は食事が終わったと騙され、食欲を減退する効果があるとも言われます。

 

3. 聞き手じゃない方で食べる。

 心理学によると、人は聞き手じゃない方の手で食べると食事に早く飽きるというのです。

使い慣れた聞き手以外で食事するのは、思った以上に難しいと言われ、イライラになることもあります。そのため、普段と比べ、食欲が落ち、食べる量が減ると言われます。

 

4..青い空間で食べる。

 青と緑は食欲を減退させる効果があるというのはよく聞きますよね?

部屋の壁の色やカーテン、テーブルクロスや食器などに青や緑を取り入れると効果的です。

 

5. よく噛む。

 よく噛むことによって、脳に満腹感を与えだけではなく、あごが疲れて、食事が速く終わるという効果もあります。